中央銀行が打ち出す政策金利とは?それでも金融機関に預ける?

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

FXを行うなら最低限覚えておかなければいけない用語は幾つかあります。
普段は聞き慣れない言葉ばかりで最初は困惑するかもしれませんが、用語とその意味がしっかり合致していないといけません。
今回は政策金利について少し説明したいと思います。

政策金利とは、中央銀行が市中銀行などの一般の銀行に融資する金利のことで、パーセンテージの高低によって景気の良し悪しが分かります。
政策と言うだけあるから、金利は国会などで決まるのかな…?と思った方も多いかもしれませんが、実際は中央銀行の金融政策によって決められます。
景気が良ければ政策金利のパーセンテージは高く設定され、逆に景気が悪ければ低く設定されているのが特徴です。
では、我が国日本はどうなのでしょう?
マイナス金利や景気悪化という単語を頻繁に耳にする日本で、政策金利が高いという事はまず想像が付きませんよね。
実際、日本の2016年4月段階の政策金利は0.01%となっています。
ちなみに他の国では上からトルコが7.50%、南アフリカが7.00%、中国が4.35%、メキシコが3.75%、NZが2.25%、豪州が2.00%、香港が0.75%、米国・英国・ノルウェー・カナダが0.05%です。
日本よりも政策金利が低いのは欧州の0.00%、スイスの-1.25%、スウェーデンの-0.50%。
日本もこれ以上、下がらない事を願うばかりです。

さて、FXが政策金利とどのような関係を持っているのかピンと来た方も少なくないでしょう。
実はFXには通貨の売買だけでなく、高金利国と低金利国の通貨ペアを保有することで利益を得られるスワップポイントという方法があります。
例えば超低金利国の日本円で高金利国のトルコリラを買えば、その間、金利が発生するので有利に資産運用することができるということです。
今の段階で金融機関に預けたとしても得られる利息はわずかばかりで、資産運用を目的としている方にとってはもの凄く物足りないかと思います。
それならFXというスタイルに変えてみるのも1つの方法ではないでしょうか。

No CommentsSend This Post to Twitter!

外貨の金利を利用して資産運用

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

最近外貨を利用した、FX投資などが資産運用の方法として注目を集めています。
しかし外貨へ投資をしていく際にメリットや魅力を感じるポイントというのは、どこにあるのでしょうか。

主立った外貨を使った投資などのメリットや魅力をみていくと、金利が高いという点があります。
日本では銀行などへ預金を行ったところで低金利な金融商品が非常に多くなっています。
例えば普通預金では最高でも0.1パーセント、定期預金でも0.5%ほどとなっています。
スズメの涙くらいになっている利息しか付けることができない日本円での預金と比較して、外貨へ投資もしくは預金といった資産運用を選んだ時、金利はかなり差があるのがわかってきます。
米ドルやユーロといった通貨は日本円での預金の金利と差はほとんどありません。しかし豪ドルだと1パーセント前後、トルコ・リラに至っては7パーセント以上の金利を期待することができます。

ただ高金利とはいえ資産運用を行う時には注意しなければなりません。
それは為替変動で、高金利だからと外貨へ投資をしていく中で影響を受けて損失を大きくしてしまうことがあります。
外貨による資産運用の開始タイミングは、専門的な知識を持っている人のアドバイスをもらいながら判断していくといいでしょう。

No CommentsSend This Post to Twitter!

連立政権が通貨に与えるデメリット

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

近年高金利として注目されているトルコ・リラについて、スワップ運用を行っている日本人の投資家が増えてきています。
大人気の通貨ペアということもあり、多くの投資家が注目していますが、政策金利が7パーセント以上と高金利なのが魅力的です。
通貨の中でも高金利な方ですが、リスクもそれなりにあるという点を理解しておきましょう。

実際にトルコでは昨年の6月に総選挙が行われており、連立政権にも大きな変化が出ています。
与党となっていた公正発展党が議席数を大きく減らして過半数割れとなったのです。
そして政局不安が大きな理由となって、トルコ・リラを売る動きが活発になっていきました。
これによっての公正発展党が安定させるために連立政権を樹立させていこうとする動きを見せています。

高金利通貨のデメリットとして、リスクが大きくなるという点があります。
それが連立政権を樹立していこうとする時に影響をもたらしていくこともあります。
勢力争いが急激に変化していくと、政局が不安定になり金利も大きな変化をもたらしていきます。
経常赤字もトルコでは続いているような状況であり、資金の流出や失業率の高さは止まることがないともいわれています。
デメリットとなっている為替レートの大きな変動が起こりえる危険性もありますので、投資についてはタイミングが重要となってくることでしょう。

No CommentsSend This Post to Twitter!

ファンダメンタルズで戦略を練るメリット

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

株式投資やfxに使われる分析法は色々とありますが、そこから投資における戦略を練っていくことが重要になっていきます。
投資においてテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を活用している人が多く、企業がはじき出す財務や経営状況、そして将来性などといった本質的な価値について分析されていきます。
そしてファンダメンタルズ分析によって現在の株価が割安感があるのか割高感があるのか探っていくことができたり、今後の将来の株価を予測していくことができます。
投資の戦略としては、十分にファンダメンタルズ分析が十分に役立っていくことでしょう。
主な数値として株価収益率や株価純資産倍率、株主資本利益率といったものがあります。

ファンダメンタルズ分析はメリットとして中長期の投資に向いています。
企業の財務もしくは経営状況というのは一朝一夕に変わっていくことはありません。
上方修正されていく、好材料となるニュースが出てこない限りは、短期間で目立っていくような動きを見せていくことはないでしょう。
そして経済状況だけでなく、その時々で起こりえる世界経済であったり、情勢や円相場などについても大きな影響を与えていきます。

外貨も状況によっては売られていきますので、世界各国で大暴落の危険性もあります。
分析方法などについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

No CommentsSend This Post to Twitter!

金融市場に流通する高金利通貨へ投資

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

金融市場に出回っている通貨の中で、投資に適している通貨を探していきたいところでしょう。
探していく中で、その国の金利が高くなっている、高金利通貨へと投資をしたくなってしまいますが、それだけを判断材料にしていくのは間違いといえます。
投資をしたいところですが、すぐに行わない方が賢明です。
高金利通貨について、詳しくはこちらからチェックしてみてください。

金利が低くなっていれば手放したいと考えてしまうことでしょう。
とりわけ日本では貯蓄への意識が非常に高いため、その傾向が多くなっています。
そうなってくると他国で流通する、高金利通貨へと引き寄せられていきます。
例えばトルコ・リラは満期となっている債券の利率をチェックすると、9パーセント以上となっています。
しかし日本では定期預金も1パーセントの金利がつくかもわからないような状況です。

しかし高金利通貨を利用していく際には、危険な落とし穴というのも存在しています。
その理由は為替変動です。
為替は金利を帳消しにしてしまうこともあり、時には金融市場に出回っている投資金を飲み込んでしまう可能性もあります。
トルコ・リラなどの債券が満期を迎えたところで為替レートが急激に円高となっている場合、高金利通貨といわれている通貨でも、あっという間に金利は消滅していきます。
こうして途方も無い損失を生んでしまいますので、タイミングなどをチェックしながら投資をしていきましょう。

No CommentsSend This Post to Twitter!

fxを行う時に知っておきたいチャートの基礎

Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

fxを始めていこうとする時に、チャートの基礎は知っておくといいでしょう。
そんな中で世界各国の通貨について、売買を行うタイミングを決めていくために参考していきたいのがチャートです。
チャートは投資を行う上で先を読んでいく参考材料にもなりますので、動向は常に見ておくべきです。
今後の値動きを予測することができ、fx取引についてタイミングを決めることもできるでしょう。

そもそもチャートというのは過去の為替レートにおける値動きについて、時間や価格を軸としながらグラフにしていっています。
取引をするために口座を開設した、fx取引の会社より情報提供されることもあります。
無料でホームページなどを見て確認していくこともできます。
為替レートの動きは単に数字だけでなく、グラフ化をしているチャートを利用していくことで、相場の流れをしっかりと把握していくことができます。

チャートはロウソク足を使っているチャートが一般的となっており、価格は常に上下を繰り返していきます。
チャートでも見極めていくことができますが、時間の経過とともに流れが形成されていきます。
ローソク足が集合していくことで絵となって見ていくことができます。
トレンドの種類は価格が上昇傾向にある上昇トレンド、反対に下落気味である下降トレンド、そして上昇と下降を常に繰り返す横ばいトレンドといったものがあります。
投資タイミングを知る上でも、チャートからトレンドを知っていくといいでしょう。

No CommentsSend This Post to Twitter!